2011年05月11日

スコージ・キャンペーン 第七章、第三部 上なる王国への道


第七章、第三部 上なる王国への道
しばらく後、上なる王国への入口で・・・。


アーサス王
時間がない、アヌバラク。出口までどれくらいだろうか?


アヌバラク
もう少しだ。我らは上なる王国に入った。出口は氷河の地下に続いておるはずだ。しかし、まだ隠された罠や、用心せねばならぬ危険が潜んでおろうな。


アーサス王
避難しろ!


アヌバラク
アーサス!


アーサス王
通路がすべて崩れた!掘り返す時間はないな。急いで出口を見つけねば!アヌバラクたちが無事だといいが。


アーサス王
アヌバラク!無事だったか!


アヌバラク
リッチキングがなぜお前を選んだかよくわかったぞ、デスナイト。この迷宮で生き残れる奴など、そうそうおらぬだろうよ。


アヌバラク
さあ、急いであの扉をくぐれ!地上への出口はそのすぐ先だ!


アーサス王
また太陽が見られるのはありがたいな。


アヌバラク
いいか、覚えておくのだ。地上ではイリダンとの真の戦いとなる。暗い地底での探検が、我々が必要とする貴重な時を与えてくれたことを願おう。
posted by masterhetare at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月09日

スコージ・キャンペーン 第七章、第二部 フォーゴトンたち


第七章、第二部 フォーゴトンたち
しばらく後、王国内では・・・。


アヌバラク
オールド・キングダムに入った。用心せよ、デスナイト。ドワーフたちを怖がらせているものが何であれ、あちこちにいまだに潜んでおるようだぞ。


アヌバラク
そんなバカな・・・


アヌバラク
フォーゴトン!しっかり身を守れデスナイト!今まで戦ったどんな敵よりも手強いぞ!


アヌバラク
全部は持っていけぬ!急げ、デスナイト。階段の吹き抜けの上だ!急げ!
posted by masterhetare at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スコージ・キャンペーン 第七章、第一部 シャドウウェブ洞窟へ


第七章、第一部 シャドウウェブ洞窟へ
その時、ノースレンドでは、アーサス王とアヌバラクが、アズジョル・ネラブの暗きフォーゴトンの広間に足を踏み入れようとしていた。


アーサス王
ずいぶん長いこと歩いてきたが・・・ペースを速めねば。我々以外にリッチキングを守れるものはいないからな。


アヌバラク
デスナイトよ。そなたを探しに来る前に、アイスクラウンに兵を何人か残してきた。彼らが敵の攻撃を可能な限り防いでくれるであろう。


アーサス王
お前の部下はどこにいるんだ?ネルビアンがこのあたりにいるはずがないのだが・・・アンデッドか、そうでないなら?


アヌバラク
私にもよくわからんのだ。何者かが彼らを連れ去ったに違いなかろう。


ドワーフ
俺たちがやったのさ、くさった間抜けども!ずっとお前たちを見張ってたんだ!


アーサス王
ムラディンのドワーフか!そんな馬鹿な・・・全員やられたのか?


ドワーフ
アーサス、俺たちゃお前が俺たちを裏切ってムラディンを殺した時からずっと、この見捨てられた土地を徘徊してきた。リーダーのベルガンの指揮の元、廃墟と化した街で生き延びてきたんだ。


ドワーフ
お前たちを通すわけにはいかねぇ!


アーサス王
ぐずぐずしている暇はない!


アーサス王
サフィロン、攻撃しろ!


アーサス王
よくやった、全能のサフィロンよ。できればお前を一緒に連れて行きたいところだ。だが暗い地の底はそなたの住まう場所ではないな。


アヌバラク
リッチキングの時間が尽きてしまうぞ。急げ!


ライフルマン
点火しろ!奴らが渡る前に橋を吹っ飛ばすんだ!


アーサス王
だめだ、彼らを止めろ・・・。


ベルガン
ムラディンの恨みだ!これでもう渡れんだろう!


アヌバラク
迷宮を抜ける他の道がある、デスナイト。他の道を探そう。


ベルガン
わしはお前を忘れんぞ、邪悪な王子。ムラディンを無残にも殺しおった奴め!


アーサス王
すでに過ぎたことだ。


ベルガン
この扉は通さんぞ、裏切り者。このところの地震が氷の下の暗黒の生物、いにしえの恐ろしい生物を起こしてしまったのだ。わしらが封印していたものを。



アーサス王
通ってみせるぞ、ドワーフ。お前らが邪魔しようがしまいが、どのみち通らねばならん扉だ。


アーサス王
ここの空気はひどいな。嫌な予感がする。


アヌバラク
もしドワーフの話が正しいならば、闇の中で何が我々を待ちうけているか判らぬぞ。


アヌバラク
この吹き抜けは古いネルビアン帝国の中心部へとつながっておる。用心せねばな。


アーサス王
もちろんだ。お前が先に行け。
posted by masterhetare at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。