2011年05月06日

スコージ・キャンペーン 第六章 ローデロンの新たなる力


第六章 ローデロンの新たなる力
次の日、ローデロンの首都郊外、シルバナスとその軍勢はバルナザールの強力な防御陣に攻撃をしかけていた。


バリマスラス
首都の守りは堅い。バルナザールは馬鹿ではないぞ、マイ・レディ。この戦いは厳しいものになろう。


ガリソス総司令官
どうした、デーモン?怖気づいたか?


バリマスラス
口の利き方に気をつけるんだな、ヒューマンの野良犬め。きさまの空っぽの虚勢など・・・


シルバナス・ウィンドランナー
静まりなさい!その怒りをバルナザールにとっておくことね。ガリソス、あなたが後方から街を攻撃している間に、私は自分の隊を率いて前方から攻撃するわ。


ガリソス総司令官
攻撃的な策略ですな、マイ・レディ。首都が我々の手に戻るというのであれば、あなたの望みどおりの戦略に従おう。


シルバナス・ウィンドランナー
命令を発しなさい。攻撃開始!


フットマン
ガリソスさま、我が隊が行方不明となっていたドワーフの隊を見つけました!近くの荒野で迷っていた模様です。


ガリソス総司令官
奴ら間抜けのドワーフどもは、役立つどころかトラブルの元だ!だが前線では奴らが必要なんだ。私が奴らをそこまで先導しなければなるまい!


ガリソス総司令官
お前ら愚か者は、簡単な命令にも従えないのか?戦争なんだぞ!なのにお前らは呑気にピクニックのつもりか?すぐに隊を組め!


ライフルマン
ただいますぐに、ガリソスさま!移動するぞ、みんな!


ライフルマン
あのくそったれに我慢できるほど給料払ってもらってないよな。


シルバナス・ウィンドランナー
終わりね、バルナザール。バリマスラス?


バリマスラス
なんだ、マイ・レディ?


シルバナス・ウィンドランナー
彼を討ちなさい。


バリマスラス
しかし、ナスレジムの者は他を殺めることを禁じられている!国から離脱するのとは別の次元のことであって・・・。


シルバナス・ウィンドランナー
あなたの忠誠心を試す最後のテストよ、ドレッドロード。やりなさい。


バルナザール
や、やめろ!


ガリソス総司令官
そちらの仕事は終わったようだな。さあ醜い獣ども、私の街から出て行け。さもなくば・・・


シルバナス・ウィンドランナー
彼もお願い。


バリマスラス
喜んで。


シルバナス・ウィンドランナー
首都は私たちのものよ。でももはやスコージの一部分ではないわ。これからは、フォーセイクンとして知られるでしょう。


シルバナス・ウィンドランナー
私たちはこの世界で自分の道を見つけるわ、ドレッドロード。そしてその道をふさぐものは誰であろうと生かしてはおかない。
posted by masterhetare at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/199420435
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。