2011年05月03日

スコージ・キャンペーン 挿入場面 王国の分裂


挿入場面 王国の分裂
翌晩、トリスファル・グレードのどこかで、バンシーのシルバナスが、秘密の会合に到着する。


バルナザール
レディ・シルバナス、よくぞ来ることができたな。


シルバナス・ウィンドランナー
それはそうよ。どういうわけか私にはもう、リッチキングの声が聞こえて来ないのよ。私はまた、自分自身の思い通りに動けるようになったの。


シルバナス・ウィンドランナー
あなたたちドレッドロードは、そのわけを知っていそうね。


バリマスラス
リッチキングが力を失ったおるのだよ!奴の力が衰えるにつれ、そなたらアンデッドを支配する力も弱まっているのだ。


シルバナス・ウィンドランナー
それならアーサス王は?彼の力はどうなっているのかしら?


バルナザール
奴のルーンの剣、フロストモーンは強力な魔法を帯びておるが、アーサス自身の力は次第に消えていくだろうな。避けられぬことだよ。


シルバナス・ウィンドランナー
あなたたちは彼を倒したいと思っているのね?それで私に手を貸して欲しいのね?


デセロック
レギオンは敗れるであろうな。だが、我々はナスレジムだ!新参者のヒューマンなどにいい思いはさせん。アーサスは必ず倒さねば!


バルナザール
あの忠実なリッチ、ケルスザッドは、主人を裏切ることなどとてもできぬが・・・しかしそなたは・・・


シルバナス・ウィンドランナー
奴の事は憎いわよ。私は、どうしてもヤツに復讐しなくちゃいけないの。アーサスは私の民を殺し、私をこんな怪物に変えてしまったんだから。


シルバナス・ウィンドランナー
ヤツを倒すつもりなら、手を貸してあげてもいいわ。だけど私は、私のやり方でやる。


バルナザール
私には奴の言う事は信じられんな。奴の心は、未もってエルフだ。心底、我らの仲間になる事はあるまい。


バリマスラス
あわてるな。確かに奴は、いまだに気高い心とやらを失っておらんようだ。だが、奴のアーサスへの憎しみは、結局、我らの役にたってくれるだろうよ。


デセロック
そうだな。その件がうまく行ったら・・・その時は祭りの始まりだ。
posted by masterhetare at 02:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。