2011年04月14日

連合キャンペーン 第二章 暗黒の盟約


第二章 暗黒の盟約
次の日、連合軍の基地で、ケイル・サス王子と彼の部下は移動の準備をしていた。


密使
失礼いたします、ケイル王子。ガリソス総司令官からの伝言を伝えに参りました。


ケイル・サス王子
前線からの知らせは?


密使
先ほど修復された監視塔から、アンデッドの大群が押し寄せてくるとの報告を受けました。ロード・ガリソスより、アンデッドがダラランに足を踏み入れる前に撃退するように、とのご命令です。


ケイル・サス王子
それほど困難な使命ではないな。


密使
誠に申し上げにくいのですが、殿下の部隊は少々手薄になるかもしれません。ご存知のように、ロード・ガリソスが全ての歩兵、騎兵、支援部隊を、前線に送るよう命じられましたもので。そこの者達、進め!


ケイル・サス王子
ふざけた話だ!私に棒切れと脅しの言葉だけでアンデッドに挑めというのか?


密使
ロード・ガリソスは殿下の・・・能力に全幅の信頼を置いておられます。ご武運を。


ケイル・サス王子
ガリソス、あの男をこそ倒してやりたくなってきた。


スペルブレイカー
ケイル王子、我らの砦が敵に襲われています。我々は完全に包囲されています!


ケイル・サス王子
砦は敵の手に落ちた。なんとか対策を講じなければ。


レディ・ヴァシュ
イシュヌ・ダル・ディエブ、ケイル王子。悪しきアンデッドを倒すため、わらわの力を貸そうぞ。


ケイル・サス王子
おおこれは、レディ・ヴァシュ!ぜひお力をお借りしたいところですが、総司令官殿があなた方をよく思っていないのです。


レディ・ヴァシュ
その総司令官とやらの姿は見えぬが?わらわの軍を合わせれば、そなたの兵力は倍増する。さもなくば、そなたは仲間ともども命を落とそうぞ。


ケイル・サス王子
あなたの言葉は正しい。しかし私は・・・わかりました、ヴァシュ、あなたの申し出を受けましょう・・・


レディ・ヴァシュ
よかろう。では参るぞ。


礼をいいます、レディ。あなたの協力なしでこの勝利はありえませんでした。たとえ、このことが我が身にいかなる結果をもたらそうとも。


レディ・ヴァシュ
そなたの仕えるヒューマンは、人類以外を信じておらぬ。情けも恥も感じぬ輩よ。


ケイル・サス王子
私がこれまで連合に尽くしてきたのも、ひとえに義務と忠誠のため。しかしその信条も、廃墟と化した故郷のごとく遠い物となってしまいました。私と仲間達は、今や別の物に焦がれているのです。


レディ・ヴァシュ
若きケイルよ、ならば新しき道を辿り、力と栄光を手にするがよい。


ケイル・サス王子
うまく説明できませんが、祖国を滅ぼされて以来、心から何かが流れ出し、抜け殻にでもなったかの様に感じるのです。


ケイル・サス王子
魔法への飢えが、私たちの心を石のようにしてしまった。


レディ・ヴァシュ
ケイル、私にもそなたの飢えがわかる。そなたの民は魔力の中毒になっておる!


レディ・ヴァシュ
1万年以上もの間、そなたの体のすみずみまでめぐっていたのじゃ。それが、その源である故郷と太陽の井戸が崩壊してしまったために・・・


ケイル・サス王子
力の源である故郷から私たちは切り離されてしまった!新たな魔法の源なくしては、私の民は間違いなく滅びてしまいます。


レディ・ヴァシュ
力の源ならこの世にいくらでもあるぞ、ケイル。例えば、デーモン。


ケイル・サス王子
まさかそのような、レディ!そこまで落ちぶれてはおりません!


レディ・ヴァシュ
嫌悪を感じるのも無理はない。しかしの・・・


スペルブレイカー
ケイル王子!ガリソス総司令官がご到着なさいました。大隊を引き連れておいでです。


ケイル・サス王子
しまった、ヴァシュ、この場を離れた方がいい。さもないとどんな扱いを受けるか。


ナイト
ナーガ軍だ!


ガリソス総司令官
捨てておけ!


ガリソス総司令官
ケイル、ついに本性をあらわしたな。お前があの大蛇どもと同類なのは初めからわかっていた。証拠が挙がった今、お前らを一人残らず処刑してくれる!


ケイル・サス王子
お待ちください、閣下。部下に罪はありません!全て私の独断で・・・


ガリソス総司令官
戯言はよせ。高慢で愚かなエルフどもなど始めから信用しておらん。そもそも、お前たちを連合に迎え入れたことが過ちだったのだ。今こそ、正しい裁きを下すことができる。連行しろ!
posted by masterhetare at 15:15| Comment(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。