2011年04月14日

センチネル・キャンペーン 終章 別れ道


終章 別れ道
しばらくして、ナイトエルフの基地で、イリダンは出発の準備をしていた。


マルフュリオン・ストームレイジ
イリダン、お前はこの世界に計り知れない苦しみをもたらした。そのことは一生許すことはできん。だが、お前はティランダの命の恩人だ。だから・・・お前をこのまま行かせてやろう。しかし、次に私の民を恐怖に陥れることがあったら・・・


イリダン・ストームレイジ
わかったよ、兄貴。オレはこの世界を我が物にしたい訳ではない。力、魔法・・・その二つだけがオレの求めるものだ。いや、長居をしすぎた、もう行くとするよ。ティランダを助けたことでオレはマスターを裏切ってしまった。気をつけないとマスターの怒りに触れて命を落としかねない。


イリダン・ストームレイジ
さよなら、兄貴・・・そしてティランダ。また会うこともあろう。エン・シュ、ファラ・ナー。


メイーブ・シャドウソング
そんなばかな!正義を尊ぶ心はどうなさいました?


ティランダ・ウィスパーウィンド
メイーブ、イリダンは自分の罪を償ったわ!もはや脅威では・・・


マルフュリオン・ストームレイジ
無駄だよ、ティランダ。メイーブは復讐の鬼と化している。イリダンを追うことに取り付かれているのだ。その思いが昂じて、イリダン以上に世界を混乱に陥れることにならぬよう祈るばかりだ。


ティランダ・ウィスパーウィンド
さあ帰りましょう、愛しい人。少し休息が必要だわ。
posted by masterhetare at 12:20| Comment(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。