2011年03月27日

センチネル・キャンペーン 挿入場面 マルフュリオンの予言


挿入場面 マルフュリオンの予言
そのころ、シルバーパインの森の奥地で、マルフュリオンは野生の精霊達との交信を試みていた。


マルフュリオン・ストームレイジ
この森はアシェンベールと同じくらいに苦しんでいる。スコージ軍の邪悪な光が何エーカーにも及ぶ範囲の木々を痛めつけてしまった。ドルイド僧さえここで・・・


マルフュリオン・ストームレイジ
うわあぁぁ!地面が・・・裂け・・・裂け始めた!耐え難い・・・なんて痛みだ!


マルフュリオン・ストームレイジ
いにしえより住まう森の精霊たちよ、我に力を貸したまえ!我が眼を逃れし災厄の姿を明かしたまえ!この地を苦しめるものの姿を!


マルフュリオン・ストームレイジ
あれは・・・最果ての地、ノースレンドの凍てつく大地。その大地が、粉々に砕け散ろうとしている!


マルフュリオン・ストームレイジ
どうしてこんなことが?こんな惨事を招いた原因はなんだというのだ?


イリダン・ストームレイジ
うまくいっている!サーゲラスの眼の力に抗えるものなどいない!すぐにマスターの敵は全滅し、オレはそれに見合った報酬を受けとるのだ!


マルフュリオン・ストームレイジ
感謝するぞ、偉大なる精霊たち。なさねばならない事が何かわかったぞ。約束する・・・この裏切りをただではすまさん!
posted by masterhetare at 23:50| Comment(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。