2010年12月30日

ナイトエルフ・キャンペーン 挿入場面 最後の守護者


最後の守護者
2日後、静かなハイジャル山の広場にて…。


ティランダ・ウィスパーウィンド
こんな所に呼び出すなんて。私たちにはそんな時間はないのよ、フュリオン!


フュリオン
最後の夜の夢で…大きなカラスが私にここへ来るように言ったんだ。


スロール
我々もここへ来るよう指示された。


フュリオン
お前たちは、何者だ?


スロール
私はスロール。デュロタンの息子、オークホルドのチーフだ。


ジャイナ・プラウドモア
私はジャイナ・プラウドモア。ローデロンで生き残ったヒューマン軍の司令官よ。


ティランダ・ウィスパーウィンド
歓迎しがたいわね。


預言者
和平だ、ナイトエルフのプリエステス。彼らはお前に手を貸しにきたのだ。


フュリオン
あなたは夢に出てきた…こんな話をするとは、いったい何者なのです?


預言者
私こそが…レギオンの再来の原因を作ったのだ。


預言者
昔、私はこの世界にオークを呼び寄せた。しかし、それが元で、デーモンにまで道を開いてしまったのだ。


預言者
そしてこの罪がゆえに、私は自らが最も愛した民に命を絶たれた…。


預言者
だが、私が死んでも東の国では戦争が止まず、長期に渡る戦いのため、王国はすっかり荒廃してしまった。


預言者
そして今、私はすべてを正常に戻すために帰ってきた…。私はメディブ。最後の守護者だ。この世界を救うためには、全員が力を合わせ、命あるものの敵、バーニング・レギオンに立ち向かうしかない!
posted by masterhetare at 01:05| Comment(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。