2010年11月28日

オーク・キャンペーン 第二章 砂漠の行進


第二章 砂漠の行進
2日後、バレンズの寂しい土地にて…。


スロール
この荒涼とした土地には、惹かれるものがある。我々の祖先の地も、こんな感じの所だ。


ケアン・ブラッドフーフ
うむ、トーレン族は、大地の母の業に畏敬の念を抱いている。しかし、広い平原で暮らせないワシらより、故郷のないオークは気の毒だな。


スロール
かもしれない。だが、我々にも自分たちの場所があっていいはずだ、ケアン。


グラント
チーフ、敵の一団がこちらに向かってきます!


スロール
ケアン、コドーは休ませてやったほうがいい。
我々はこの周辺を偵察して、オアシスがないか見てこよう。あなたはここでキャラバンを守っていてくれないか?


ケアン・ブラッドフーフ
ははっ!そんなに気をつかわんでいい。年は食っているが、そこまで弱っちゃおらん。


スロール
ケアン!ダメだ、もう逃げられないぞ!


ケアン・ブラッドフーフ
野蛮人め、大地の母がお前らにふさわしい罰をくだす!


ケアン・ブラッドフーフ
もうちょっかいは出せまい。あとはワシらだけで大丈夫だ。若いの、自分の旅を続けてくれ。


スロール
オラクルとは・・・何なのだ?


ケアン・ブラッドフーフ
オラクルとは、大地の母が編みあげた運命の糸を見ていた者だと、伝説に謳われている。世界の運命を語れる唯一の存在だ。


スロール
どこにいる?


ケアン・ブラッドフーフ
ずっと北だ。ハイジャル山の陰に、ストーンタロンという山がある。オラクルは、その頂上の洞窟の中にいる。一番上等なコドーを1頭、お前さんにつけてやろう。


スロール
恩にきます、ケイン。あなたのことは忘れまい。


ケアン・ブラッドフーフ
胸を張っていけ、若き長よ。大地の母の恵みを。
posted by masterhetare at 04:14| Comment(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。