2010年11月24日

アンデッド・キャンペーン 第四章 3つの月の鍵


第四章 3つの月の鍵
そのすぐ後、崩壊したエルフゲートを抜けたあたり…。


シルバナス
森まで退却!


シルバナス
この門は運良く通れたとしても、次の門はそう簡単にはいかないわ。奥の門は、特別な鍵がないと開かないのよ。その鍵を手に入れるのは、絶対に不可能ね。


アーサス
時間の無駄だ。運命から逃れることはできないからな。


シルバナス
あら、逃げるとでも?エルフと戦うのは初めてのようね。


アーサス
あの女!川を渡る方法を探すのだ!


アーサス
ついにやったぞ…。


アーサス
門が開いたぞ!あとはシルバナスを倒しさえすれば、この国は我々のものだ!


シルバナス
化け物どもが!いつまでもしつこいのよ!


アーサス
あの女レンジャー、どこまで私を苛立たせるのだ!
posted by masterhetare at 01:25| Comment(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。