2010年11月21日

ヒューマン・キャンペーン 第八章 対立


第八章 対立
翌日。早朝、アーサスの新しい基地の近くで…。


キャプテン
申し訳ないが、使者殿、アーサス王子はご多忙であります。こんな未開の地まで、はるばるお越しになったご用件は?


使者
全員、ただちにローデロンに帰還せよとの国王陛下のご命令だ。この遠征を中止するよう、ロード・ウーサーが国王陛下を説得されたのだ。


キャプテン
我々を船に乗せて国に帰ると?


使者
そうだ。ここから海岸へ通じる道はアンデッドに占拠されている。船までは、別のルートを探したほうが良いだろう。


キャプテン
アンデッドが何だってんだ!オレたちは森をつっきるさ!


アーサス
キャプテン、なぜ歩哨が立っていない?


キャプテン
それが殿下、ロード・ウーサーのご説得により、国王陛下が兵を呼び戻すようご命令を下されたようです。


アーサス
ウーサーが私の軍隊を呼び戻しただと?兵がいなくては、マルガニスは倒せない!そうだ。船を焼き払え。兵士たちが海岸に到着擦る前に帰りの足を奪うのだ!


ムラディン・ブロンズビアード
やりすぎじゃないのか?


アーサス
いいか、完全に焼き払え!目的を果たすまでは、誰一人帰れる者はいないんだ!


キャプテン
アーサス王子!


アーサス
諸君、いい所に来た!この怪物どもが、大切な船を焼き払ってしまったのだ。もう家には帰れない。ローデロンの名の下に、こいつらを成敗してくれ!


フットマン
ちくしょう、怪物め!


ナイト
やっつけろ!


フットマン
船が燃えちまった。どうしたらいい?


アーサス
皆の者、聞いてくれ!我々が家に帰るために残された道は、戦いに勝つしかない。この地で勝利するか、共に倒れるかのどちらかだ。さあ、基地に帰り各自持ち場に戻ってくれ!
posted by masterhetare at 01:09| Comment(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。