2010年11月14日

体験版キャンペーン 第二章 孤島の地下世界


第二章 孤島の地下世界
スロールは、島の地下にあるマーロックの洞窟にいることに気が付いた。マーロックどもに捕まって監禁され、仲間とも離されてしまったようだ。


スロール
あの奇妙な魚の生き物は、なぜ我々を捕まえたのだ?


トロル・ヘッドハンター
マーロックどもも昔はおとなしかった。近頃の奴らときたら、私らを捕まえて生贄にするんだ。


スロール
生贄?何のために?


トロル・ヘッドハンター
ずいぶん昔、奴らはある魔女を崇拝するようになった。海底に棲むその魔女に生贄を差し出さなければ、この島を滅ぼしてしまうらしい。


スロール
ふん、オークがそう簡単に怯えてたまるか。さあ、ここから出よう!


グラント
チーフ、センジンが魚の怪物に連れ去られました!敵の数が多すぎて、阻止できませんでした。魔女の生贄にするようです。


スロール
一刻を争う!センジンを救い出せ!


シャーマン
チーフ、魔術師の周囲を魔法のシールドが取り巻いているようです。
魚の魔物が3匹、シールドを維持していると思われます。


マーロック・ソーサラー
哀れなヤツめ!約束を忘れたとは言わせないぞ!


スロール
センジン!


マーロック・ソーサラー
絶望するな。お前もすぐにヤツと一緒になれる。


センジン
夢で・・・お前さんが・・・ワシらをこの島から連れ出してくれるというお告げがあってのぉ・・・。


センジン
お前さん・・・時間がない・・・早く行け!


スロール
あんたも、島の人も、我々といっしょに来るんだ。


センジン
・・・ワシはもうだめじゃろうて・・・。


スロール
我々についてくれば、多くの危険に出くわすだろう。たやすい事ではない。それでもオークホルドに加わりたいというなら、喜んで迎えよう。


トロル・ハンター
そうだ、もうこの島には誰もいなくなる。我々はあんたと一緒に出発する。


シーウィッチ
島の住民達よ、神と和解せよ!おまえ達は逃げられない
島の住民達よ、神と和解せよ!死の流れから、お前たちが逃げられると思うか!


グラント
今の声はどこから?


スロール
わからん、だが時間が無い!この洞窟は崩れ落ちるぞ!
posted by masterhetare at 20:17| Comment(0) | ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。